生理中の肌荒れ対策

女性にとって、切っても切り離せないのが生理。
生理期間中には、下腹部が痛くなったり頭痛がしたり・・、体調がどうしても悪くなりがちです。
それに、生理期間中はホルモンバランスが崩れて肌あれも起こしやすくなります。
毎月のこととは言え、何か対策はないんでしょうか?

肌荒れに悩む女性

生理期間中には、どうしてもいつもより体温が低くなる傾向があるので血流も悪くなりがちになります。
その為、お肌も乾燥しやすくなってしまうので乾燥を感じる前から保湿をして乾燥を予防をするようにしましょう。

生理中のお肌は、いつもよりも刺激に敏感になっています。
普段から使っている化粧品は問題ありませんが、生理期間中に新しいスキンケア用品や化粧品を試したりするとお肌に負担がかかってしまい肌荒れを起こすことがあります。
生理中に自分の肌に合うか合わないか判断するのはなかなか難しいので、生理がきちんと終わった状態で試すようにしましょう。

毎月、生理の周期はほとんど同じです。
生理が始まる前から保湿したり対策をとっていれば、肌あれも最小限にすることができます。
また、肌あれだけではなく生理中にはイライラすることが増えます。
生理期間中はしっかり睡眠をとって、お肌も心も休めるようにしましょう。

使ってる化粧品のコスパが悪い時

今使っている化粧品、コスパはいいですか?
女性にとって、化粧品は毎日欠かさず使うもの。
例えすごく自分に合っていて、仕上がりにも大満足しているようなお気に入りの化粧品でもコスパが悪いのは困りものですよね。
そんな時、少しでもコスパを良くする為にはどうしたらいいんでしょうか?

化粧品のイラスト

化粧品のコスパが悪いと悩んでいるなら、何かと混ぜて使えばいいんです。
普段使っている保湿クリームなどがおすすめです。
私の場合は、普段からニベアを使っています。
日焼け止めもニベアのものを使っているんですが、例えばリキッドファンデーションのコスパが悪いと感じたらファンデーションとニベアを混ぜて使うんです。
ニベアと混ぜることによって保湿効果も高まりますし、ファンデーションの量も少しで済みます。

ファンデーションではなくても、ほかの化粧品も同様です。
例えば色がきれいで気に入っているアイシャドウ。
きれいなんだけど、目のシワに入り込みやすいし化粧直しする回数も多い、なんて時にも保湿成分を多く含んだクリームと混ぜて使えば馴染みもよくなってコスパも良くなります。

コスパが良くないと感じている化粧品も、ちょっとの工夫でコスパを良くすることができます。
もしも混ぜることに抵抗がある時は、仕事が休みの日などに試してみるといいですよ。

ダイエットだけじゃない!バナナのすごい効果

バナナって聞くと、どんなイメージがありますか?
ちょっと前に朝バナナダイエットが大ブームになったこともあって、ダイエットにいいというイメージが一番強いのではないかと思います。
しかしバナナは、ダイエットの他にもあまり知られていないすごい効果があるんです。

美味しそうなバナナひと房

バナナは、ビタミンB群をとても豊富に含んでいます。
そのため腸を整えてくれる作用もあるので、便秘の人にもぴったりの食べ物です。
それに加えて、バナナはお肌の水分量に油分、お肌の弾力まで整える効果があるのです。
つまりバナナを食べれば、お肌全体の調子も整えてくれる効果も得られるんです。

そしてバナナには、なんと睡眠を促す効果もあるんです。
バナナには、トリプトファンという成分が豊富に含まれています。
トリプトファンとは、脳の神経伝達物質を合成するのに必要なセロトニンに欠かせない成分なんです。
なので疲れているのに眠れないなど、睡眠に悩みのある人はバナナを食べるようにすると効果的です。

スーパーやコンビニで手軽に買うことができるバナナにも、体にとてもいい様々な効果があります。
バナナの皮に茶色い斑点が出ているものが甘くて食べごろなので、是非買って食べてみて下さい。

冷え性が肌荒れの原因になる?

冬になると、乾燥が原因で肌が荒れる。
冬の肌荒れの原因は、乾燥だと思い込んでいませんか?
実は冬の肌荒れの原因は、乾燥だけとは限らないんです。

冬になると気温が下がるので体も冷えます。
体が冷えることで血管が収縮した状態になり、お肌の表面まで十分な栄養が届かなくなることが原因で肌あれが起こるのです。

寒がってる女性の絵

手や足の先が冷たいと感じたことはありませんか?
体が冷えている証拠です。
肌あれをどうにかしたいのなら、まず体の冷えを改善しましょう。

体を冷やさなように、お風呂の中やお風呂上がりに保湿をしながらマッサージをしたりしましょう。
血行が良くなって冷えも改善されます。
そして、少し温めのお湯にゆっくり長めに入るようにすれば体の芯から温まることができます。

また、朝起きたら簡単なストレッチなどの運動をするようにしましょう。
朝にストレッチや軽い運動をすれば、その日1日代謝が上がった状態で過ごすことができます。
代謝が上がれば体温も上がります。
冷え性の人は平均体温も低めの人が多い傾向にあります。
体温が上がることでお肌へも十分な栄養が届くようになるので、肌荒れにも効果的です。

冬に乾燥対策をするのはたしかに大切です。
お肌に潤いを与えつつ、冷えも改善して体の外からも中からも美肌になれるようにしましょう。

正月太り解消法、一番効果的なのは?

お正月が終わって、多くの人が悩む正月太り。
お餅の食べ過ぎやゴロゴロ動かないで寝正月を過ごしたという人が多いお正月。
平均するとほとんどの人が約3キロは増えてしまったそうなんです。

太っちゃってお腹が出てる女性のイラスト

楽しくめでたいお正月、つい気分も高まって食べ過ぎてしまう気持ちもわかります。
しかし問題はどうやって正月太りを解消するか、なのです。
久しぶりに学校や会社に行ったら、太ったねー!なんて言われたくはないものですよね。
なんとかバレないうちに正月太りを解消したい!
一番効果的な方法ってなんだと思いますか?

効果的にダイエットをするとなると、何か特別な方法があるんではないかと思う人もいるかもしれません。
しかしダイエットに必ず痩せる特別な方法なんて存在しないんです。
ダイエットに一番効果的なのは、規則正しい生活と適度な運動なんです。
お正月休みに入る前の元の生活に戻るだけでも、体重は少しずつ減ります。
お正月中のゴロゴロした癖が抜けないままだと、正月太りは解消されません。
もうお正月は終わったんだ!と自分に言い聞かせ、リセットすることです。

お正月に入る前の規則正しい生活に、できるだけ階段を使う、歩く事を心がけるなどを少しプラスするだけで正月太りは解消されます。
どうにかしなくちゃ!急いで痩せなくちゃ!と焦らないで、とにかく元の生活に戻ってみましょう。

あなたのひじは大丈夫?ひじのひび割れ

ひじのイラスト最近、自分のひじって触ったり鏡で見たりしましたか?
ひじは、自分で見ようと思わないと目にはなかなか入らない部分です。
寒い冬の季節は、気がついたときには粉が吹いていたり、ひび割れを一番起こしやすい部分なんです。

ひじは関節部分なので、外からの刺激を守ろうとするために他の体の部分よりも古い角質を溜め込むように出来ています。
もともと古い角質を貯めやすい部分でもありますが、頬杖をついたり普段の生活での負担も加わりさらに角質が厚くなってしまう部分です。
そして寒い冬には、新陳代謝もあまり活発には起こらないために角質が溜まり、乾燥してひび割れてしまうんです。

特にひじは気にならないから、カサカサひび割れててもいいや。
と思う人もいるかもしれませんが、そのまま放置しすぎてしまうとひび割れてしまった部分からばい菌が入ってしまうかもしれないんです。
ばい菌が入ってしまうと、ニキビのようなブツブツができて腫れてしまったり、イボになってしまったりします。

あまり人の目に触れる部分ではないかもしれませんが、悪化してしまわないようにお風呂でスクラブを使って古い角質を軽くこすってから保湿するようにすれば、乾燥やひび割れも改善されます。
忘れがちな部分だからこそ、悪化しやすくなってしまうのでケアを怠らないようにしましょう。

かかとが乾燥してかゆみがある時

ストッキングやタイツを履くときに、かかとの乾燥した部分にガサガサ引っかかって嫌な音がする!
伝染しちゃいそうになっていませんか?
毎年かかとの乾燥に悩まされる女性は多くいます。

夜寝るときもベットの中でかかとがガサガサ・・。
かゆみまで出てきてしまうともう最悪!
眠りの妨げにもなってしまいます。

足のイラスト

かかとが乾燥してかゆみがある場合、かかとがひび割れてしまっている可能性があります。
ドラックストアで販売されている尿素配合の保湿クリームやかかと専用のクリームで保湿をしっかりしましょう。
よくお風呂でかかとを軽石などでこする人がいますが、硬くなった角質をあまり削りすぎると逆に表面がガサガサになってしまい逆効果の恐れもあるのでほどほどに。
保湿するということだけは忘れないでください。

また、保湿クリームだけでなく、かかと専用の靴下もドラッグストアで販売されています。
特殊な成分でかかとを潤してくれる効果があるので、就寝前に履いて寝るのもオススメです。

十分に保湿をしても一向に改善されないんだけど・・・という人は、皮膚科に行くことをおススメします。
あまりり乾燥がひどい場合や保湿をしても乾燥が全く改善されないとなると、なにかほかの原因があるかもしれないので早めに皮膚科で診察を受けるようにしてください。

ストレッチは朝にすると効果が倍増!?

いよいよ冬本番!
朝起きるときにも、だいぶ寒さも厳しくなってきました。

体を温めるためにも、冬太りしないためにも毎日ストレッチする女性は多いです。
でもストレッチって、そもそも朝するのが一番効果的なの?
お風呂上がりや夜寝る前にしたほうが効果的なのでは?
一体どっちなんでしょうか?

肩のストレッチをする女性

実はストレッチをする時間は、効果を得たい目的にもよります。
ダイエットの為のストレッチや、代謝を上げたいなどの理由で行うストレッチなら断然朝にやるのがオススメです。
なぜなら朝にストレッチをするだけで、その日1日ずーっと代謝の高い状態で過ごすことが出来るからです。
代謝が高くなれば、ダイエットの効率も上がります。
ダイエットしている人は、朝起きた時にストレッチをするようにしましょう。

また、日頃の疲れを取りたい人やぐっすり眠れなくて悩んでいる人は夜にストレッチをすると効果的です。
夜にストレッチをすることによって、その日1日の疲れを癒す効果があります。
ストレッチで疲れが癒されリラックスした状態になり、眠りも深くすることができるのです。
眠りが深くなれば、それだけ体の免疫力も高まるので風邪予防などにも最適です。
最近疲れが溜まってきて・・・という人は、夜にストレッチをしましょう。

朝にしろ夜にしろ、ストレッチは効果的です。
自分にあった時間帯に、ストレッチをしましょう。